院内ブログ

2017年10月11日
第48回衆院選が公示され22日に投票が行われる事になった。
常に医療は弱者の見方でなければならず、社会的に経済的に家庭的に恵まれていない方々にも寄り添う気持ちが医療に
携わる者に求められなければならないので選挙になると、どの政党が弱者の見方であるかを選別するようにしている。
五反田という地域柄から患者層は実に幅が広く、IT企業も乱立していてリーダも多い反面、有楽街と呼ばれる地域もあって
恵まれない方々も多いので選挙になると無関心ではいられない。
当院は隣はスナックであり、雑居ビルの中にあるから初めて診察をお受けになられる方々の中には入口で中に入る事を躊躇したり
診察をされずにお帰りになる方も居られる。
約30年前の開業時に私は多くの開業医が生活保護の患者様の受け入れを行っていない事に驚き、積極的に受け入れる事にした。
精神科患者様への支援、認知症のサポートなどにも取り組んでおり、医療の原点は弱者に寄り添う事にあるという信念を多くの
医療人は共有しなければならないと思っている。
昨日、大学から実習に来られた5年生の医学生に医療は3Kであると説明したが、医療現場で危険、汚い、臭いと思っていなければ
医療人としては自分の手や白衣を汚さなければ、本物の医療に接することが出来なくなるのである。
恵まれていない方々にこそ、温かい手を差し伸べていかなければ行き場を失う患者難民がますます増えるのである。

2017年9月27日
医療機関では当院に限らず、初めてお見えになる方から帰りに受付で次回はいつ頃来たらいですか?と聞かれる事が多いようです。
これは診察の際に医師は説明をしていたので緊張していることが原因と言われています。質問したいこと、説明したいことは予めメモをご持参され、メモを取ることをお勧めします。
私達は事前に許可をもらえば、診察時の様子などのビデオも録音も当院では認めています。
つまり、患者様の認知症、理解度などの病態によって理解度は人それぞれなのであり
安心して双方が寄り添うことが出来る医療人であり続けたいと思っているのです。
また、医療従事者は説明したと思い込むことがあってはならないので診療録に丁寧に説明した内容について丁寧に記録することにしていますので必要があればいつでも開示も致します。
特に混んでいる時には予約されなかった方には待って頂いたり、説明の時間がが
短いこともあるかも知れませんが、診察の際にわからないことはわからないと遠慮なく、その旨を診察の医師やスタッフにお気軽に申し上げる事をお勧めします。
私たちはいやな顔ひとつもせずに時間をかけて再度十分なご納得が頂けるまで説明を致します。
2017年9月26日
当院は駅前の立地から夜遅くまで診察をしている事で会社帰りの会社員・OLなどの皆様方から大変喜ばれています。しかし、診察時間の終り頃になるとかなり混み合います。
初めての方は最終受付は午前の診療は12時30分までと午後の診療は6時30分までとさせて頂いている理由はカルテの作成に時間がかかるからですのでご理解とご協力を宜しくお願い致します。
再診の方々は従来通り、13時と19時までの受付は可能です。
なお、患者様の貴重な昼休みの有効利用の観点から当院では13時より昼休みをとっていますので、ご多忙な方々は昼の12時からは比較的空いているので積極的にご利用下さい。

2017年9月25日
「苦情相談センター03-3440-6867」の件でお問い合わせを頂きましたが、 他のクリニックでの診察でも診療に関するご不安・ご不満構いません。
原則として当院の患者様が対象ですが、匿名でも24時間いつでも構いません。
また、往診などで手が離せない場合もありますのですぐに対応できない場合も ございますのが、その際には少し時間をおいてかけなおしてください。
個人情報に配慮して着信履歴は残らないようにしておりますので折り返し お電話を差し上げることが出来ないのでご理解とご協力をお願い致します。

2017年9月22日
当院では予防医学に力を入れており、健康診断や予防接種に積極的に取り組んでおります。些細なことでもご遠慮なくお気軽にご相談下さい。
また、苦情相談センターも同時に開設しましたので診療に関するご不安・ご不満などは いつでもご連絡ください。
苦情相談センターの直通の電話番号は03-3440-6867です。

2017年9月21日
初診の方で予約は必要でしょうか?というお問い合わせが増えておりますが 診療時間内であれば予約の必要はありませんのでお気軽に直接来院して下さい。
但し、診察の終わる時間の間際には込み合う場合がありますのでご了承下さい。

2017年9月19日
本日よりブログを開始しました。
診療について疑問点やお問い合わせがございましたら、遠慮なくこちらのお問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。
回答はメールにて医師が直接お答えします。ただし、学会等の為に回答が遅れる場合があります。
(氏名および診察券番号を入力いただけると、スムーズにお答えすることができます)