東京都品川区東五反田2-2-16 富久屋ニッカビル3階

JR山手線/東急池上線 五反田駅東口からすぐ

院長ごあいさつ

院長よりみなさまへ

30年以上に渡り、品川区五反田の地域医療に貢献されてきました前任の高橋基文院長の後任として、2023年1月より、医療法人社団二葉会シティクリニックの院長に就任いたしました。
当院は、長年に渡り、全人的医療、プライマリケア医療を提供し、常に患者さんに寄り添うことを第一とし、最新の医療・治療を提供してきました。
私の専門は検査医学(診断病理学)ですが、内科の勤務医であった父の影響もあり、卒後20年以上、一般内科診療にも携わり、以前は地方で在宅、訪問医療の経験もあります。

私も今後も高橋前院長の医療に対する意思を継続しつつ、日々進歩していく医療に柔軟に対応し、患者さんに寄り添う全人的医療を実践して参る所存であります。
引き続き、シティクリニックをどうぞよろしくお願いいたします。

2023年1月16日
医療法人社団二葉会 シティクリニック院長
医学博士 小川 高史

  
「プライマリ・ケア」とは?

例えばイギリスでは、患者さんが最初にかかる医者は、自分が契約したGP(=かかりつけ医)と決められています。
体の不調を訴える患者さんは、まず自分のGPに診てもらいます。GPが診断してさらに専門的な治療が必要な場合は、各診療科の専門医を紹介します。紹介先の医療機関からは、その患者さんの診察データがGPに報告されるので、GPは自分が担当する患者さんの状態を常に把握できるようになっています。
イギリスにおけるGPの役割こそが「プライマリ・ケア」です。アメリカではFP(=家庭医)が、1970年代に専門医として認められています。
FPもプライマリ・ケアですから、内科・外科といった専門医の一つとしてプライマリ・ケア医が存在しているわけです。

患者さんを総合的に診る視点

医療は一次~三次に分類することができます。一次医療は外来や往診による治療、二次医療は入院して行う検査や治療、三次医療は救命処置が必要な命にかかわるケースなどのより高度な治療。一次から三次へとレベルが上がるほど医療設備は大がかりになり、専門性も細分化されていきます。
医療機関にはこのような階層があるのですが、病院に足を運ぶ患者さんの80~90パーセントは一次医療で健康を取り戻すことができる、つまりほとんどの患者さんはプライマリ・ケアだけで十分というデータが様々な研究により報告されています。だとしたら、一次医療を担う地域のクリニックによるプライマリ・ケアが充実すれば、医療は効率的になり、医師と患者さんの関係も密になり、結果的に効率のよい診断と治療が可能になると思います。

経歴

略歴

  • 東京医科歯科大学医学部大学院医学系研究科入学
  • 聖隷浜松病院内科研修修了
  • 彩清会 清水病院 内科
  • 東京医科歯科大学医学部大学院医学系研究科修了(医学博士)
  • 財団法人川崎幸病院検査科
  • 医療生協皆野病院 内科
  • 米国 Mayo Clinic 留学
  • 国立大学法人香川大学医学部 講師(学内)
  • 財団法人聖路加国際病院 常勤医幹
  • 東京医科大学医学部 助教
  • 四街道徳洲会病院 内科
  • 東海大学医学部 講師
  • さいたま赤十字病院 副部長
  • 昭和大学藤が丘病院 准教授
  • 医療法人社団 二葉会 シティクリニック院長、同法人理事就任
    現在に至る

所属学会

  • 日本内科学会
  • 日本病理学会
  • 日本臨床細胞学会
  • 国際病理アカデミー日本支部
  • 欧州血液病理学会 など

理事長 高橋基文

略歴

理事長 著書紹介

がんを疑われたら最初に読む本 ~プライマリ・ケア医の立場から~

プライマリケア医として開業してから30年余り。
時代の変化と医療の発展に伴い、不治の病として恐れられていたがんも撲滅に向けた取り組みが始まりました。
マスコミでもほぼ毎日のように取り上げられるようになり、がんに関する書籍も氾濫している中で情報難民も増えている事も事実です。実際に体験した症例を中心に最新医療について一冊にまとめてみました。電子書籍も好評発売中。

著者
高橋基文
編集
株式会社クロスメディア・パブリッシング
発売
株式会社インプレス
発行
2020年2月1日
定価
1,628円
著者
高橋基文
編集
株式会社クロスメディア・パブリッシング
発売
株式会社インプレス
発行
2020年2月1日
定価
1,628円

素肌が蘇るレーザー治療のすべて

シミ・アザ・ホクロの悩みが消えた!さまざまの症状が実証する画期的な治療効果。
時代の最先端を行くレーザー治療で、肌のトラブルを解決し、美と若さを取り戻しましょう。

著者
高橋基文
編集
株式会社中央通信社
発売
株式会社千草書房
発行
1997年3月1日
定価
1,000円
著者
高橋基文
編集
株式会社中央通信社
発売
株式会社千草書房
発行
1997年3月1日
定価
1,000円

インターネット医療・健康はネットでも守られる

医療をも飲み込もうとしているインターネットの波及力。
医療改革の突破口ともなり得るインターネットの役割を、現役の臨床医がわかりやすく解説。厳選「医療関係ホームページ」も紹介する。

著者
高橋基文
編集
株式会社中央通信社
発売
株式会社千草書房
発行
1998年6月13日
定価
1,200円
著者
高橋基文
編集
株式会社中央通信社
発売
株式会社千草書房
発行
1998年6月13日
定価
1,200円

ニッポン診断・「健康な日本」を取り戻すため

ここ数年の日本は断末魔の末期的症状が蔓延している。医師である著者が、医療と健康の側面から「重篤な患者日本」の病気を作っている原因を浮き彫りにし、現代人の心に巣食っている孤独と不安心理、教育改革の必要性を説く。
2001年度、日本図書館協会の選定図書として選ばれた名著。

著者
高橋基文
編集
株式会社中央通信社
発売
株式会社千草書房
発行
2001年5月30日
定価
1,500円
著者
高橋基文
編集
株式会社中央通信社
発売
株式会社千草書房
発行
2001年5月30日
定価
1,500円

遠隔医療と遠隔ケア

医療を支えるマルチメディア。ここまで来た遠隔医療と遠隔ケア。インターネットの普及は人々のライフスタルを変えた。知りたい情報を調べるとき、本を探す代わりにインターネットで検索する、というのもその一つだ。今や医療情報も例外ではない。

FINE・ルポタージュ

インターネット医療相談を通して患者さんの声にじっくりと耳を傾けるということ。患者さんとのコミュニケーションには限界があるが、インターネットを使えばそれが解消できるのではないか…

月刊:CLUB CareNet

インターネットで日本の医療はどう変わる?
インターネット医療からモバイル医療へ。本気で語り合えるネット医療とはなにか?インターネット医療から将来の展望を説く。

診療時間
9:00~13:00
15:00~19:00

【休診日】 水曜日 午後/土曜日 午後/日曜日/祝日

【診療時間】 9:00~13:00 / 15:00~19:00

※初診の最終受付は午前は12時30分まで、午後は18時30分までです。
(再診の受付は午前13時まで、午後は19時までです。)

※ご予約いただいた場合でも、他の患者様の病状等によってはお待ちいただく事もあります。ご了解の上でご予約ください。

東新宿駅前クリニック渋谷駅前メディカルクリニック