シミ・ほくろ・アザ

シミ・ほくろ・アザのご案内

治療前・治療後

治療法

レーザー治療のイメージとして「怖い・痛そう・高そう」と不安に思う人もいるようです。 早くからレーザー治療を取り入れている当クリニックでは、知識・経験豊かな専門ドクターが無料でカウンセリングをして治療方針を決めます。大きさや色の濃さなど、症状には個人差があり、また、生活スタイルも一人一人異なるので、それぞれに適した治療法を見つけることが大切になるからです。納得のいくまで治療方針を説明することを当院の方針としています。 低料金といわれる理由は、一人でも多くの方に満足してもらいたいからです。

レーザー治療について

レーザーを当てることで何か副作用はありますか?
レーザー光線はX線やγ線などの放射線とは異なり、非常に安全な可視光線ですので、人体への副作用はありません。
キズが残ることはありませんか?
施術した日は、赤くなったり、腫れたり、その後かさぶたができたりすることはありますが、概ね7日後には目立たなくなり、徐々にキレイになり、キズが残ることはほとんどありません。
治療時間はどのくらいですか?
大きさと部位によって異なりますが、概ね5~10分程度で済みます。
痛みや出血はありますか?
治療は局所麻酔下(痛み止めのテープや塗り薬)で行いますので、レーザー治療中はもちろん、麻酔が切れた後も痛みを感じることはほとんどありません。ホクロのパンチ切除以外は、レーザー光線による熱エネルギーを応用しておりますので、出血はございません。
妊娠中でも大丈夫ですか?
レーザー光線は放射線では無いので、胎児への影響はありませんのでご安心下さい。
術後に化粧品などを勧められたりしないですか?
必要に応じて紫外線防止用のクリームや化粧品は勧めることはありますが、無理に勧めるようなことはありません。
他院で手術したら跡が残ってしまったのですが、診てもらえますか?
よくあるケースですが、紹介状を持参されたほうが望ましいです。しかし、事情により紹介状を持参できない場合もあるかと思いますので、直接ご来院いただいてかまいません。

機器説明

カウンセリングに基づいて、最も適したレーザーを選択します。

Qスイッチルビーレーザー

光エネルギーを用いたQスイッチルビーレーザーは、正常皮膚や血管にはほとんど吸収されず、黒や青の色素に反応する性質があります。そのため、正常組織への損傷を最小限に抑えながら、色素を破壊します。「黒いシミ」や「青アザ」の除去に特に効果的で、「茶色いシミ」や「ソバカス」「大田母斑」も1回~数回で除去できます。

炭酸ガスレーザー

炭酸ガスレーザー光線は水分を含むものに吸収されると熱を出します。その熱エネルギーによって組織を凝固し、切開と止血を同時に行いますので、出血はございません。ホクロ、イボ、一部のアザやシミなども1回で除去します。レーザーの照射時間はたった数秒ですので、治療も5分程度で終わります。治療は局所麻酔下で行いますので、レーザー治療中はもちろん、麻酔が切れた後も痛みを感じることはほとんどありません。また、女性の方はその日から化粧が可能です。

高橋式ホクロパンチ切除

当クリニックでは、直径が8mm以下のホクロで、診察の上切除可能なホクロである場合には、パンチ切除という方法でホクロの除去を行います。この方法は、従来のメスでホクロを除去する方法よりも、切除後の傷跡がほとんど残らないばかりでなく、ホクロの根を取り去るので、再発しないメリットがあります。
切除時間は2分くらいで済み、局所麻酔をするので痛みもほとんどありません。 切除後1~2日はしばしば、少量の出血が見られることもありますが、1週間くらいでかさぶたが出来ます。半年くらいまで赤みと陥没が残りますが、その後ほとんど目立たなくなり、1年で安定します。